矯正治療の治療例

※こちらで紹介している画像は当院で治療された皆さんのものです。

上顎前突(じょうがくぜんとつ、出っ歯)の症例です。
出っ歯は、上あごの発育が大き過ぎたり下あごの発育が小さすぎたりするために生じる症状です。幼児期の指しゃぶりが原因になることもあります。患者さんは、出っ歯特有の突き出た口もとに引け目(コンプレックス)を感じていることが多いので、いかに口もとを引っ込めるかが治療の鍵になります。

上顎前突

下顎前突(かがくぜんとつ、受け口)の症例です。
受け口は、上下のかみ合わせが逆のことをいい、一般に下あごが大きすぎたり上あごが小さすぎたりするために生じます。顔貌上のコンプレックスにつながることもあり、早期からの治療が望ましいのですが、治療上難易の差が大きく、長期の治療や観察が必要なケースもあります。大人になっても治すことができますが、その場合矯正治療で治せる場合と、外科手術によって治す場合があります。

下顎前突

交差咬合(こうさこうごう)の症例です。
左右どちらか一方に交叉咬合がみられるような症例では、正面から見ると歯並びとともに下あご自体がずれていることも多く、顔が左右非対称になっている場合があります。またあごの運動に制限が生じやすいので、あごの関節に負担がかかり、痛みや雑音などの症状がみられることもあります。

交差咬合

叢生(そうせい、乱ぐい、八重歯)の症例です。
叢生(そうせい)は、歯が大きすぎたり顎が小さすぎて、歯と顎の大きさの調和がとれないために起きる症状です。顎にスペースが足りないため歯が捻じれたり、重なり合ったりするもので八重歯はその典型です。治療は、一般に顎の大きさに合った歯の数にするため、永久歯の抜歯という方法がよくとられる不正咬合です。

叢生

空隙(くうげき)の症例です。
生まれつき歯の少ない場合、アゴの大きさに比べて歯が小さい場合に引きおこされる不正咬合です。

空隙

過蓋咬合(かがいこうごう)の症例です。
奥歯で噛みしめた状態で、上下の前歯の噛み合わせは、通常2~3mm程度の重なりがあるのが望ましいといわれています。過蓋咬合とは上下の噛み合わせの重なりの度合が大きい状態をいい、時に下の前歯がほとんど見えないほど深く噛み込んでいる場合もあります。。

過蓋咬合

開咬(かいこう)の症例です。
開咬とは、一部の歯たとえば前歯が開いたまま咬み合わせることができず、麺類などが咬み切れないような症状です。指しゃぶりや舌の突き出し癖、あるいは顎の骨の発育方向の不調和などによって起こります。多くは咀嚼不全(よく咬めない)や発音異常(サ行、ラ行)がみられますが、自然に治ることはほとんどありません。

開咬

正常咬合(せいじょうこうごう)


正常咬合